「朝鮮人は近親相姦民族」ネットでよく目にすることがあると思う。ネトウヨがよく吹聴するデマだ。
なぜなら中韓には同姓不婚制度があり、近親婚を厳に戒めているからである。その点日本では近親婚は素晴らしい結婚として称揚されてきた歴史がある。家格を守り財産散逸を防ぐ目的だったとも言われる。天皇家も近親婚の例に事欠かない。「いとこ同士は鴨の味」ということわざすら有るのが日本の現実である。学術研究においても日本人の遺伝子の均質さは証明されているし、近親婚率の高さも統計的に裏付けられている。欧米では0.2%程しかない近親婚率だが日本においては15%を超えている時代があった。地域によっては30%を超える近親婚率であったという報告もある。1947年の調査で15%を超えているのだから近親婚が称揚され交通も発展していないそれ以前においては更に高い比率であったことは間違いないだろう。何より日本は島国であり大規模な移民も存在しなかったのである。ネトウヨのいう近親相姦民族なるものが存在するとすればそれは島国純血主義国家の日本人のことであろう。純血主義とはつまるところ遺伝子の均質さを誇る文化だからである。純血主義日本が近親婚を奨励していたのも当然の話しと言えるだろう。


kinnsinnkonnritu
近親婚率 地域差
近親婚の頻度に影響を及ぼす要因に関する研究
■日本は近親婚社会 国立社会保障・人口問題研究所
【調査研究 配偶者選択の現状 今泉洋子 金子隆一】
我が国でも山村や孤島などの集団で近親婚率を調べると30%を超えている集団がいくつかあった
我が国における近親婚率はこれら隔離された集団ばかりでなく、都市部においてもつい最近まで
近親婚率は数%におよんでいた。我が国における近親婚率と諸外国の値を比較すると。
我が国の値はインド・エジプトの次に高くブラジルの値と同水準にある。
近親婚率を調べることは、集団全体の人口資質を知る上で大切である。
なぜなら、近親婚をした夫婦の子供は、他人結婚をした夫婦の子供より
染色体劣勢遺伝病(例えば白子など)の発生率が高いことや、
死産、乳幼児死亡率が高いこと、ある種の先天奇形発生率が高いことなどが
知られているからである。
我が国のように諸外国と較べて近親婚の多い国においては
今後も近親婚の動向を調べていく必要があろう。

配偶者選択の現状
http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/14168401.pdf
20170119140049

■日本家族協会「日本は近親婚が非常に多い」
遺伝のはなし3 近親婚 - 日本家族計画協会
近親婚はどれくらいあるか
わが国では 1947 年には 15.5%という報告もありました。最近は減少し 3~5%
を割っているでしょう。もちろん、地域差はあります
近親婚は欧米では 0.2~0.3%です。

無題

遺 伝 の は な し 


■医師「日本は近親婚が多いので早老症患者数が世界一」

ウェルナー症候群は、世界の中でも日本人の患者さんが最も多く、20歳頃から老化徴候が現れ、早く老化が進むように見える早老症の一つです。 

千葉大学医学部附属病院の横手 幸太郎先生は、長年にわたりウェルナー症候群の診断や治療に取り組んでいらっしゃいます。今回は、同病院の横手 幸太郎先生にウェルナー症候群の原因や症状についてお話しいただきました。

なぜウェルナー症候群は日本人に多いの?
2017年現在、ウェルナー症候群の患者さんは、日本人に2000〜3000名ほどいると推測されています。これは、世界で最も多い数であるといわれており、実際に世界中で報告されているウェルナー症候群の患者さんの約6割は日本人です。

近親婚により発症しやすくなると推測されている
なぜ日本人にウェルナー症候群が多いのかというと、その原因は未だ明らかになっていません。常染色体劣性遺伝病であるウェルナー症候群は、いとこ同士やはとこ同士など親戚同士の近親婚によって発症しやすくなります。

たとえば、日本とともにウェルナー症候群の患者数が多い地域に、イタリアのサルジニア地方があります。このサルジニア地方は、島国の閉鎖社会であるといわれています。一般的に、周囲と交流がないような隔絶された地域では近親婚が増加する傾向にあり、この近親婚が疾患の発症の一因になっていると推測されています。


■藤田医科大学「日本人の遺伝子はかなり均質」
「日本がゲノム研究に投入している予算はアメリカの100分の1もありません。
ゲノム情報は医学研究の基盤ですから、このままではアメリカにすべて握られて
いくという危惧があります。ですが、精神疾患の日本人のサンプルは私たち日本
の精神科医しか集められないため、海外から見ても貴重なデータです。
日本は1億2000万人の人口がいて、島国で、遺伝的にかなり均質なグループですから、
遺伝研究を行うときに結果が見えてきやすいという利点があります。日本での遺伝子
をベースにした研究はこれからますます大切になってくると思います」
https://www.fujita-hu.ac.jp/research/story/neuro.html

どの国民が単一民族か
医学的には、韓国人、タイワン人、日本人の中で日本人が最も単一民族に近い
単一民族であることを誇る朝鮮民族は2番目、タイワン人は3番目に‘純粋な血統’である。
キム教授は「造血母細胞の移植を希望する患者1人が全体の供与登録者のうち
最低1人からでも適合する造血母細胞を移植し得る‘移植確率’を分析すると、
どちらが単一民族に近いかが分かる」と説明した。
キム教授は国内の骨髄寄贈者4万2000人余り、日本骨髄情報銀行の寄贈者13万1000万人余り、
タイワン・ツジ(慈済)骨髄供与者登録所の寄贈者17万8000人余りを分析した。
確率が高いほど単一民族に近く、登録者が多いほど移植される確率が高くなるため、
3ヶ国の供与登録者を12万人に換算して計算した。その結果、韓国は70%、日本は80%、
タイワンは50%だったという調査結果が出た。
http://japanese.donga.com/List/3/all/27/210408/1

古代の日本は、まさに近親相姦の時代でした
血筋が大事だったので、自分達の血が最高に尊いもの
ということで、結婚する相手は自分と同じくいい血筋を持った一族の男女間で行われるんです
もっとも優れている血筋というのは、天皇家のことであります
なので天皇家では血のつながった者同士が結婚していました
中略
平安時代になってくると、天皇家を操る裏ボス「藤原家」が出てくるので
兄妹間などの近親相姦はなくなってきますが、上流階級は全て「皇族」と「藤原家」の2つで占められていたので
タブーとされていない近親相姦となってきます
中略
兄妹ではないんですが、「夜明け前」を書いた小説家の島崎藤村は、妻が死んでしまって困ってたので、
姪っ子(兄の娘)のコマ子がお手伝いに来てくれることになりました
で、このコマ子とエッチしちゃって妊娠させてしまったのです
そのため島崎藤村は留学という名目で、海外逃亡したのです
おいおい~って感じですよね
かなり悩んだらしいですが、コマ子の方がお気の毒ですよワタクシは
その後、さらに衝撃な事実がわかっちゃいました!
兄から「実は俺らの父親と妹も近親相姦だったんだよ」と聞かされ、さらにショックを受け、自分の血を呪うのであります
近親相姦の意味は、近い血縁関係にある者同士が性的関係を結ぶことなので、
日本の歴史は近親相姦で成り立ってきてますね
http://hagakurecafe.gozaru.jp/iro34kinsinsoukan.html

■江戸時代における理想の結婚相手とは?
ズバリ!!理想の結婚相手はイトコであります
当時は家同時の付き合いがとても重要だったので、色々と知っているいとこ同士の結婚が一番スムーズで、皆から羨ましがられるパターンでした
あの松尾芭蕉もイトコ同士の結婚を絶賛しており、さらに自分もイトコと結婚したかったフシが・・・
「あの時邪魔が入らなければ、今頃・・・」と書いた文章があるそうです(笑)
http://hagakurecafe.gozaru.jp/toribia7edo.html

従兄弟(いとこ)同士は鴨(かも)の味(あじ)
いとこどうしが夫婦になったときの情愛の深さは、鴨の肉の味のようによいものである。
出典|小学館


■「日本史5つの法則」 田中英道 日本の美術史家 東北大学名誉教授 新しい歴史教科書をつくる会の元会長

神話を読むと、独り神の続く後に、イザナギ、イザナミが初めて二人神として出てきます。
これは兄妹です。その兄妹が最初に産んだ子は蛭子です。
イザナギ、イザナミは兄妹ですから、血のつながりが濃いわけです。
自然状態ではこうした近親相姦がよく行われます。
それが医学的によくないことは現代ではわかっています。
それを禁じることが、文化だと文化人類学者はいいます。
ところが日本では、文化をつくりだしていながら、
まだそういう近親相姦をしていたというところに特色があります。
そこには自然と文化の違いがないのです。自然と文化はつながっているのです。
ですからこの近親相姦が、日本では比較的長く行われています。

■近親婚 Wikipedia

日本
『古事記』『日本書紀』には王族・皇族において異母兄弟姉妹婚や叔姪婚やいとこ婚などといった近親婚の例が数多く記載されている。だが、中には景行天皇が息子の倭建命の曾孫の迦具漏比売命を妻にし大江王をもうけたという『古事記』の記録に対して、倭建命という伝説的な人物を実在の人物として組み込んだために系譜に混乱が発生したのではないかと指摘された事例もある[7]。ただし、血の純潔さを尊重する立場から近親婚が好んで行われたことは確かなものと考えられる。大林太良は記・紀で近親婚が盛んに出てくる時期が、「仁徳天皇とその子の世代」、「敏達天皇とその子の世代」の二つの時期に限られることを指摘し、この二つの時期が王権の充実期であることから、それにともなう王統の確認の一環として近親婚があったのではないかとしている(大林,1987年)[8]。

また、『日本書紀』の仁賢天皇紀には天皇家と全く関係がないようなただの一般人女性が異母のキョウダイ(双方の母親が母娘の関係のためオジでもある男性)と結婚している逸話も挙げられている。古代の大王家と蘇我氏、及び平安時代以降に続けられた皇室と藤原氏との婚姻も、同姓間ならぬ近親婚の累積である

中世以降、武家社会においても、例えば足利将軍家には日野家、紀州徳川家には伏見宮家、井伊家(彦根藩)には蜂須賀家(阿波藩)、蜂須賀家には小笠原家というように、支配層上層での正妻の生家の固定が見られ、母親と同じ家の出でかつ同世代の娘との婚姻が推奨されることにより、結果的にいとこ婚、またいとこ婚などが推奨されることが多くあった。中世から近代にいたるまで同族内での婚姻がしばしば行われた島津家や日向伊東家、佐竹家のような例もある。

親族間の結婚は上級武士に限らず、中下級の武士の間でも行われており、例えば磯田道史の著書『武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新』で分析対象とされている加賀藩士の猪山家では、2代続けていとこ婚が行われている。同書によれば、ごく最近まで階級の上下を問わずイトコ婚は珍しくなく、江戸時代には親族であることや家格が同程度であることが結婚相手として都合が良いとされていた[9]。

現代の日本社会においては近親婚は全体的な傾向としては比較的減少気味であるが地域差が大きく、1983年の報告で福江市では全体の7.9%と近親婚の比率が高く、旭川市では0.78%と低かった[10]。また、農業後継者の確保等の要請から親族間の結婚が少なからず行われ、地域的特性から親族間の結婚が比較的多く行われるとともに、おじと姪との間の内縁も散見され、そのような関係が地域社会や親族内において抵抗感なく受け容れられている例もある[11]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/近親婚#日本

■芥川賞作家「日本は近親相姦社会」
――新刊の『錏娥哢た』は、裏伊賀の忍びの一族の、絶世の美貌と能力を持った
少女のお話ですね。天草四郎から徳川家康まで登場して、とても楽しく読みました。

花村 : あれに関しては、編集者にずい分資料を集めてもらいました。もともとは、
天皇制と近親相姦の話なんです。露骨に書いたら怒られそうですけれど。
中国から律令が輸入された時、十戒みたいなものがあったのが、日本では八戒にな
った。近親相姦が排除されたんですよね。江戸時代初期までは近親相姦し放題だった。
タブーじゃなかったんです。

http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi75.html


日本人の歯並びの悪さは近親婚が原因だと解説する韓国メディアの記事
http://www.snakorea.com/news/articleView.html?idxno=104874


いとこ婚をした日本人
日本の天皇・皇族・貴族・武家
天皇
崇峻天皇 - 妃蘇我河上娘が従妹
弘文天皇 - 妃十市皇女が従妹
平城天皇 - 贈皇后藤原帯子が従姉妹
仁明天皇 - 女御橘影子が従姉妹
文徳天皇 - 女御藤原明子、女御藤原多賀幾子が従姉妹
醍醐天皇 - 女御藤原能子、女御藤原和香子、更衣源封子が従姉妹
冷泉天皇 - 中宮昌子内親王が従姉、女御藤原懐子が従姉、女御藤原超子が従妹
円融天皇 - 最初の中宮藤原媓子が従姉、女御藤原詮子が従妹
花山天皇 - 女御婉子女王が従妹
一条天皇 - 最初の中宮藤原定子が従姉、次の中宮上東門院彰子が従妹
三条天皇 - 中宮藤原妍子、東宮女御藤原原子が従妹
後朱雀天皇 - 皇后禎子内親王が従妹
後冷泉天皇 - 中宮章子内親王が従妹※、皇后藤原寛子が従妹、皇后藤原歓子が従姉
後三条天皇 - 中宮馨子内親王が従姉
鳥羽天皇 - 中宮藤原璋子が従姉
後白河天皇 - 親王妃源懿子が従姉
高倉天皇 - 中宮平徳子が従姉
四条天皇 - 女御九条彦子が従姉
亀山天皇 - 中宮西園寺嬉子が従妹
後宇多天皇 - 妃姈子内親王が従妹
光厳天皇 - 妃懽子内親王、妃寿子内親王が従妹
後西天皇 - 女御明子女王が従妹
聖徳太子 - 正妃菟道貝蛸皇女が従姉妹※
川島皇子 - 正妃泊瀬部皇女が従妹
長屋王 - 正妃吉備内親王が従妹※
藤原仲麻呂 - 正室藤原袁比良が従妹
大伴家持 - 正室坂上大嬢が従妹
九条道家 - 正室西園寺倫子が従姉
北条貞時 - 正室(北条宗政の娘)が従姉妹
足利泰氏 - 正室(北条時氏の娘)が従姉妹
足利義尚 - 正室(日野勝光の娘)が従姉妹
足利義輝 - 正室(近衛稙家の娘)が従姉妹
朝倉宗滴 - 正室(朝倉景冬の娘)が従姉妹
尼子晴久 - 正室(尼子国久の娘)が従姉妹
北条氏繁 - 正室七曲殿が従姉妹
大友義統 - 正室尊寿院が従姉妹
織田信清 - 正室犬山殿が従姉妹
前田利家 - 正室芳春院が従妹
直江兼続 - 正室お船の方が従姉(異説もある)
真田信之 - 正室(のち側室)清音院殿が従姉妹
真田幸政 - 正室(真田昌幸の娘)が従姉妹
熊谷直清 - 正室(熊谷直続の娘)が従姉妹◆
松平康忠 - 正室矢田姫が従姉妹
豊臣秀保 - 正室おきく(豊臣秀長の娘)が従姉妹◆
武田信玄の息子・娘婿
武田義信 - 正室嶺松院が従姉妹
穴山信君 - 正室見性院が従姉妹
浅井三姉妹の夫・息子・娘婿・孫
佐治一成 - 正室小督(のちに徳川秀忠の正室)、継室於振が従妹
京極高次 - 正室初が従妹
豊臣秀頼 - 正室千姫が従妹
松平忠直 - 正室勝姫が従妹
松平光長 - 正室土佐が従姉妹
九条道房 - 正室鶴姫が従妹
二条光平 - 正室賀子が従妹

江戸時代の天皇家系図
閑院宮典仁親王 - 御息所成子内親王が従姉
御三卿徳川家及びその出身者
徳川斉朝(尾張藩主) - 正室淑姫が従姉妹
徳川斉荘(田安家当主、尾張藩主) - 正室猶姫が従姉
徳川斉礼(一橋家当主) - 正室近姫が従姉
徳川斉位(一橋家当主) - 正室永姫が従妹
長州藩毛利家およびその分家
毛利輝元 - 正室南の方(宍戸隆家の娘)が従妹
吉川元長 - 正室(宍戸隆家の娘)が従姉妹
毛利元鎮 - 正室(穂井田元清の娘)が従姉妹
毛利綱広 - 正室高寿院が従姉妹
毛利吉元 - 正室法林院が従姉妹
毛利匡邦 - 正室長子が従姉妹
吉川元光 - 妻芳子が従妹◆
小早川四郎 - 妻式子が従妹
薩摩藩島津家およびその分家
島津久保、島津忠恒 - 正室亀寿が従姉妹(亀寿は久保の死後にその弟・忠恒と再婚した)
北郷久定◆、島津忠長 - 正室千代松が従姉妹(千代松は久定の死後にその弟・忠長と再婚した)
島津久光 - 正室千百子が従妹◆
島津忠義 - 先妻暐子◆、後妻寧子◆が従妹
島津珍彦 - 妻典子が従妹
島津長丸 - 妻治子が従妹
島津久寛、島津雄五郎(島津忠欽の長男) - 妻明子が従姉妹(明子は久寛と離縁の後に雄五郎と再婚した)
徳島藩蜂須賀家
蜂須賀忠英 - 正室繁姫が従姉妹
蜂須賀光隆 - 正室金が従姉妹
柳河藩立花家およびその分家
立花貞晟- 正室智恵姫が従姉妹
立花鑑寿 - 正室美勢子が従姉妹
立花鑑賢 - 正室登勢子が従姉妹◆
立花寿俶 - 妻正覚院が従姉妹
越後長尾家、米沢藩上杉家およびその出身者、分家
長尾晴景 - 正室(上杉定実の娘)が従姉妹
上杉斉定 - 正室三姫が従姉妹
上杉勝承 - 正室(片桐貞音の娘)が従姉妹
上杉勝義 - 正室(上杉勝定の娘)が従姉妹◆
畠山義紀 - 継室(上杉勝延の娘)が従姉妹
広瀬藩松平家
松平近栄 - 正室満姫が従姉妹
松平近時 - 正室清高院が従姉妹
木下家定(足守藩主) - 正室雲照院が従姉妹
京極高通(峰山藩主) - 正室(京極高知の娘)が従姉妹◆
徳川綱誠(尾張藩主) - 正室新姫が従姉妹
松平忠昭(丹波亀山藩主) - 正室栄昌院が従姉妹
松平定則(伊予松山藩主) - 正室(松平定信の娘)が従姉妹
溝口政勝(沢海藩主) - 正室(溝口宣勝の娘)が従姉妹
細川利寛(肥後新田藩主) - 正室房姫が従姉妹
松平頼誠(守山藩主) - 継室(徳川治紀の娘)が従姉妹
松平義建(高須藩主) - 正室(徳川治紀の娘)が従姉妹
松平容保(会津藩主) - 正室敏姫が従姉妹◆
諏訪忠礼(諏訪藩主) - 正室(諏訪忠誠の娘)が従姉妹◆
新庄直彪(麻生藩主) - 正室(松平康爵の養女、新庄直行の娘)が従姉妹
間部詮方(鯖江藩主) - 正室見部が従姉妹◆
浅野長厚(広島新田藩主) - 正室(浅野長勲の姉妹)が従姉妹
土方雄豊(菰野藩主) - 正室(土方雄高の娘)が従姉妹◆
秋田孝季(三春藩主) - 正室(秋田季周の娘)が従姉妹
仙台藩伊達家の分家
伊達成実(仙台藩一門) - 継室岩城御前が従妹
伊達村和(中津山藩主) - 正室於常が従姉妹
伊達宗敬(伊予吉田藩主) - 正室於信が従姉妹◆
伊達宗規(仙台藩一門) - 継室(伊達宗実の娘)が従姉妹
伊達村隆(仙台藩一門) - 正室清姫が従姉妹
伊達宗曜(男爵、貴族院議員) - 妻富貴子が従姉妹
森長孝(赤穂藩主) - 正室(森長直の娘)が従姉妹◆
小笠原長胤(中津藩主) - 正室(小笠原長勝の娘)が従姉妹◆
本多政遂(榎本藩主) - 正室(本多忠純の娘)が従姉妹◆
本多康慶(膳所藩主) - 正室(本多康将の娘)が従姉妹◆
相良頼喬(人吉藩主) - 正室於亀が従姉妹
相良頼福(人吉藩主) - 継室於積(相良頼寛の娘)が従姉妹
永井直達(高槻藩主) - 正室(永井直種の娘)が従姉妹◆
松平信任(吉井藩主) - 正室(松平信敬の娘)が従姉妹◆
内藤正誠(岩村田藩主) - 正室(安藤信正の娘)が従姉妹
奥平昌章(山形・宇都宮藩主) - 正室菊姫が従姉◆
丹羽氏中(三草藩主) - 正室(丹羽氏賢の娘)が従姉妹◆
堀田正陳(近江宮川藩主) - 正室(堀田正方の娘)が従姉妹
松平近貞(府内藩主) - 正室(松平近禎の娘)が従姉妹◆
土方雄次(窪田藩主) - 正室(内藤忠興の娘)が従姉妹
井上正紀(高岡藩主) - 正室(井上正国の娘)が従姉妹◆
牧野忠成(2代越後長岡藩主) - 正室(牧野康成の娘)が従姉妹
佐竹義明(久保田藩主) - 正室直が従姉妹
佐竹義脩(男爵) - 最初の妻雅子が従姉妹◆
池田仲建(鹿奴藩主) - 正室映子が従姉妹
池田斉成(岡山藩世子) - 正室金子が従妹◆
池田源(子爵) - 妻銓子が従姉
井伊直広(彦根藩世子) - 正室(井伊直朗の娘)が従姉妹◆
秋月種貞(秋月藩世子) - 妻オチョウが従姉妹◆
吉良義弥(旗本) - 正室(今川範以の娘)が従姉妹※
中山信情(水戸藩附家老) - 正室(松平保福の娘)が従姉妹
山野辺義観(水戸藩家老) - 妻静(牧野貞幹の娘)が従姉妹
三浦為積(紀州藩家老) - 妻真珠院(安藤道紀の娘)が従姉妹
深尾重方(土佐藩家老) - 妻(山内重直の娘)が従姉妹
福原熙賢(長州藩家老) - 妻(毛利広鎮の娘)が従姉妹
福原親俊(長州藩家老) - 妻(宍戸元礼の娘)が従姉妹
小原適(大垣藩士、男爵) - 妻てい(小原鉄心の娘)が従姉妹◆
芥川比呂志(俳優) - 妻瑠璃子が従姉
色川武大(小説家) - 自身の母親と妻の母親が姉妹。
岩瀬弥助(明治期の実業家)◆ - 叔父の娘と結婚。
菅直人(第94代総理大臣)と菅伸子 - 直人の父親と伸子の母親が兄妹。
岸信介(第56・57代総理大臣)◆、佐藤栄作(第61・62・63代総理大臣)◆ - 両者は実の兄弟であるが、信介は父方の岸家の従妹・良子と、栄作は母方の佐藤家の従妹・寛子とそれぞれ婿養子として結婚している。
木暮実千代(女優) - 従兄と結婚。
酒井忠元(実業家、旧華族酒井家当主)と酒井美意子(評論家) - 母方同士の従兄妹
酒井雄哉(僧侶、出家前に妻と死別)
渋沢栄一(幕臣、実業家) - 最初の妻千代が従妹(尾高惇忠の妹)
佐藤彦五郎(新選組の後援者、多摩の村役人) - 妻のぶ(土方歳三の姉)が従妹。
富永一朗(漫画家) - 妻は母方の従姉。
中川晴之助(テレビディレクター、映画監督) - 母は千田是也の姉、妻は千田是也の娘。夫妻とも伊藤為吉の孫。
野中到(気象学者) - 妻は母方の従妹。
鳩山道夫(電子工学者、ソニー常務) - 父は鳩山秀夫、妻は鳩山一郎の娘。夫妻とも鳩山和夫の孫。
平野小剣(部落解放運動家) - 叔父の長女と結婚。
松本重治(ジャーナリスト) - 母は松方正義の娘、妻は正義の息子松方幸次郎の娘。
村上信夫(フランス料理のシェフ)
山岸巳代蔵(幸福会ヤマギシ会創始者)
依田勉三(北海道開拓者) - 従妹と結婚。
若槻禮次郎(第25・28代総理大臣)◆
宮崎勤元死刑囚の祖父
佐川明(佐川一政の父)
https://ja.wikipedia.org/wiki/いとこ婚#日本

君たちの熱い反日コメントを待っているぞ!

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット